でんさいの特徴とメリット

benefits
でんさいとは、電子記録債権のことです。電子記録債権はその名の通り債権を電子記録するというものです。これまでの債権や手形などの場合には書面で発行されていますが、でんさいの場合には電子記録として記録されコンピューター上で管理されるため、瞬時に処理を行うことができます。特に従来の書面による方法では情報の入力などでタイムラグが生じますが、リアルタイムで処理することができるため、発生や譲渡などが容易に行える

でんさいを利用する前に知っておきたいこと

knowledge
商取引において伴うものとしては、手形や売掛債権がありますが、でんさいは、ここでの内容に関して単純に電子化をしたものではなく、取引におけるこれまでの問題点を克服した新たな金銭債権となっています。 手形においてはこれまで、作成や交付、保管コストが必要になったり、紛失や盗難のリスクがあったり、また、分割ができないなどの問題点がありましたが、でんさいを利用することで、電子データ送受信等による発生や譲渡、

便利なでんさいネット活用術

便利なでんさいネット活用術
皆さんは手形・振込みに代わる便利なでんさいネットについて知っていますでしょうか。今回は、でんさいネットの活用術とメリットについて書きたいと思います。 でんさいネットの活用術は主に5つあります。 1つ目は、譲渡できることです。譲渡す際は、譲渡人に手形の担保裏書と同様の保証義務が発生します。 2つ目は、必要な金額だけを分割し、譲渡や割引ができることです。この時、分割した債権は必ず譲渡しなければな

印紙税がいらないでんさいを上手に活用

receipt
最近では、金融機関などで「でんさい」というサービス名が、よく聞かれるようになっています。でんさいは、受取手形や、指名債権の面倒な手続きや管理を、すっきりと簡単にできるメリットを持っています。 個人事業主や会社経営を行っている人などで、他の業者や会社と取引をする際には、代金をすぐに現金で受け取ったり、銀行口座に振り込んでもらえる、といったケースは少ないことは、よく知っているでしょう。 取

手数料面でのでんさいのメリット

fee
決済取引では手形もよく利用されていますが、ときには不渡りとなってしまうこともありますし、紛失や盗難のリスクもあります。 それゆえにこうした取引を利用する際は慎重になる必要もあります。 最近は新しい決済方法も登場し、でんさいを導入する事業者も増えています。 こうした取引を利用する際はその特徴とメリットはよく確認しておきましょう。 まず、でんさいがどんなものであるかも知っておきたいです

でんさいの活用によるメリットと手続き方法

procedures
でんさいを活用するには、まず、手続きが必要となります。様々な金融機関で取り扱っており、そこでは利用条件や必要な提出書類が定められています。 利用条件としては、法人、個人事業主、国または地方公共団体となっています。具体的な流れとしては、各金融機関に利用申込書の提出後、締結要件等に基づいて審査がなされ審査結果が通知されます。 受理された場合には利用者番号、金融機関へのログインIDが送付され

でんさいには印紙が必要ありません

revenue-stamp
でんさいは、正式名称を電子記録債権と言います。 主として企業間の金銭の支払でよく使われている支払手形に代わるものとして、2008年12月に電子記録債権法の施行とともに使用されるようになりました。 その目的としては、事業者、特に中小企業の資金調達の円滑化等を図るためのものと定義されています。でんさいではこのような目的を達成するために、既存の支払手形で問題とされてきた点がいくつか改善され、

企業のでんさい利用のメリットとは

merit
でんさいは一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関である株式会社全銀電子債権ネットワークの扱う電子記録債権の名称です。いままでは手形で行っていた決済の作業が電子記録を元に行うことができるようになりました。 これによってデメリットをメリットにかえることができたのです。 支払い企業の悩みは大きく3つあります。 まずは手形発行の面倒さ。でんさいを使えばペーパーレスなので手

でんさい利用による会計処理のデメリット

accounting
でんさいを利用することでさまざまなデメリットが生じますが、その中でもややこしいのが会計処理の方法の変更になると思います。 会計の処理は一年を通じて同じ方法を行なっていますので、それを途中で変えるとなると計算がややこしくなり、些細なミスを誘発する可能性があります。 一度でも変更をしてしまえば、それからは新しい方式に変わりますので最終的にはメリットになるのですが、その過程で問題が起こる可能

体制と環境面でのでんさいのデメリット

environment
電子記録で債権を管理する以上、発行者側、受取人側の双方にインターネットに接続できる用意が無くてはなりません。 現代ではインターネットが広く普及したとはいえ、電子記録に切り替えるのであればパソコンの利用法、事務管理体制の構築などを行うことが必須になります。 もし取引先にそうした用意が無いというような場合、片方だけが利用を希望しても実現できないということがあり得るのです。 加えて、こ